【静岡】シアーミュージック浜松校の評判は?口コミや基本情報をまとめてみた!

シアーミュージック浜松校の基本情報のまとめ。口コミや評判についても解説しています。

シアーミュージック浜松校の詳細

シアーミュージック浜松校は、浜松駅から西向け徒歩5分の場所にあります。

開講コースは、ボーカルレッスン、ピアノ、エレキギターなど計8つ。ベースやドラムには対応していません。

教室名シアーミュージック 浜松校
住所静岡県浜松市中区平田町60 くろかねやビル4F
最寄り駅浜松駅から徒歩5分
対応分野ボーカル(子供向けのコース有)、ボイトレ、ピアノ(初心者向けコース有)、アコースティックギター、エレキギター、ウクレレ、話し方講座、ボイスフィット
開校時間12:45~21:45

レッスンの内容

レッスンの内容については下記の表にまとめています。尚、これらの内容は浜松校だけではなくシアーミュージックのスクール全体で共通です。

月謝は月のレッスン回数が増えるほど割安になります。また、月4回を超えるレッスンにも対応可能。その場合は、追加レッスン1回につき税込み4320円が加算されます。

レッスン形式マンツーマン形式
レッスン時間1回当たり45分(無料体験レッスンは30分)
月2レッスンの月謝税込10,800円(1回当たり5000円)
月3レッスンの月謝税込14,580円(1回当たり4500円)
月4レッスンの月謝税込17,280円(1回当たり4000円)
入会金10,500円

浜松校の公式ページの閲覧

浜松校の基本情報が明記された公式ページへのアクセス方法について解説します。

浜松校のページでは、周辺マップや連絡先などが確認できるので必ずチェックしておきましょう。

1.シアーミュージックの公式サイトへ移動

まずはシアーミュージックの公式サイトにアクセスしましょう。公式サイトは、グーグル検索で「シアーミュージック」と入力すれば容易に見つけ出す事が出来ます。

アクセスに成功すると、記事上部の画像のページへ移行します。

2.近畿・東海エリアのマップを表示

次は近畿・東海エリアのマップを表示させましょう。トップページにある「全国校舎アクセス」をクリックし、現れた選択肢の中から「近畿・東海エリア」の部分をクリックして下さい。

3.浜松校の詳細ページにアクセス

近畿・東海エリアのマップの右側にあるスクール一覧から静岡県のスクールが表示されている箇所を探し、その中にある浜松校をクリックしましょう。

これで浜松校の公式ページへアクセス出来たはずです。浜松校のページでは、開講コース一覧、連絡先、住所、学校の周辺マップなどが確認出来ます。

口コミや評判のチェック

シアーミュージックの利用者の口コミや評判が気になる人も多いでしょう。ここでは、シアーミュージックに関する良い意見と悪い意見の2つをご紹介します。是非参考にして下さい。

【良い意見】

・講師の方が手取り足取り丁寧に教えてくださり、楽器未経験の私でも挫折せずに続けられています。今ではセッションも出来るようになり、毎週楽しみで仕方ないです。

【悪い意見】

・レッスンの予約が毎回面倒。時間が固定されている方が私には合っていると感じました。

口コミは過度に信頼しない

口コミ情報はあくまで個人の見解であり、あなたにも当てはまるとは限りません。人によって相性の良い講師やレッスンスタイルは異なるはずなので、参考程度に留めておきましょう。

また、インターネットにある見知らぬ誰かが発信した情報の中には、嘘が紛れている可能性も否定できません。ネットの口コミを過度に信頼するのは止めましょう。

無料体験レッスンの利用

入会前に必ず利用しよう

シアーミュージックの無料体験レッスンはご存知でしょうか。

体験レッスンでは、実際のレッスンと同じく講師と一対一でレクチャーを受ける事が可能。スクールの雰囲気を肌で感じる事が出来る貴重な機会なので、入会する前に必ず利用しましょう。

レッスン終了後には、受けてみた感想を尋ねられたり、スクールの説明が行われますが、すぐにその場で入会する必要はありません。家に持ち帰って再検討した後に、入会するのかどうか決定すると良いです。

講師やスクールとの相性を知るためにも是非無料体験レッスンを活用して下さい。

浜松校周辺にあるシアーミュージックのスクール

静岡県内には、浜松校の他に静岡校が存在します。

この二つのスクールでは、開講コースが異なります。また、当然在籍講師も異なるので、スクールの雰囲気やアクセスのしやすさ等を考慮し、どのスクールに通うか決めると良いでしょう。

【総括】シアーミュージック浜松校の詳細

シアーミュージック浜松校の詳細について紹介しました。

スクールの雰囲気を知るには無料体験レッスンを利用するのが近道。検討中の方はとりあえず利用してみてはいかがでしょうか。本記事を参考にして頂ければ幸いです。

関連記事
人気
カテゴリー
人気の記事

昨日の人気の記事

関連記事