やばいラッパーLil Pump(リルパンプ)とは?おすすめ曲5つ紹介

思わず「あなた何歳?」と聞きたくなるほどやばいエピソードばかりのリルパンプ。gucci gangでスターとなった彼のおすすめ曲や有るアルバムを紹介。

Lil Pump(リル・パンプ)とは

Photo by Splash / public domain

2000年生まれのラッパー「Lil Pump(リルパンプ、もしくはリル・パンプ)。本名はGazzy Garciaでアメリカ フロリダ州のマイアミ生まれです。

両親はコロンビア系で、彼が6歳の時に別れているそう。

サウンドクラウドへ楽曲をアップし、SNSで自身の破天荒っぷりを披露するといった形で名を挙げ、2017年にリリースしたGucci Gangの大ヒットで一躍スターラッパーの仲間入りを果たしました。

リルパンプの経歴

Photo by Icebox / CC BY-SA 3.0

13歳のときに今も共に楽曲を制作しているSmokepurpp(1997年生まれ)というラッパーと出会い、そこから本格的な音楽活動が始まります。Smokepurppがトラックを制作し、リルパンプがフリースタイルラップを乗せる、という形で取り組んだそうです。

なお、リルパンプもSmokepurppも、素行不良を理由に学校を何回か辞めさせられており、学歴は高校中退といった感じの様です。


2016年頃から楽曲を次々とサウンドクラウド上でリリースし、アンダーグラウンドで徐々に名を挙げていきます。同世代のサウンドクラウドをきっかけに人気を獲得したラッパーと合わせて、「サウンドクラウドラップ」と括られることもあります。

アルバム「Lil Pump」

2017年、17歳の誕生日を迎える2カ月前に、Warner Bros. Recordsと契約。BossやD RoseのYouTubeでの再生回数に目を付けた契約でしたが、未成年であったため契約は無効となります。

その後リリースしたGucci Gangはビルボードホット100チャートで最大3位につける大ヒットに。この後押しもあり、後にリリースした1stアルバムも大ヒットしました。

アルバム「Harvard Dropout」

2019年2月に2枚目のアルバム「Harvard Dropout」をリリースするまでに、いくつかシングル曲を先行配信しています。

2018年12月には、「Butterfly Doors」という曲の歌詞の一部がアジア系人種に対して差別的であると、特にアジア系のヒップホップコミュニティから大きな批判も受けています。

リリースされたこのアルバムは、前作と同様のスタイルながら、大物ラッパーとのコラボ曲が多数収録される豪華なものとなりました。

好き嫌いが分かれる理由

リルパンプは、youtubeでのミュージックビデオ再生回数は数億回を誇っています。SNSでの騒ぎが話題となることも多いです。


しかし、やはり好き嫌いが存在します。嫌い派は、歌詞に内容が無いマンブルラップ、SNSで騒ぎを起こして注目を集めているだけで音楽としては微妙などといった意見があります。

また、彼がまだ子供であることから、このままSNSでトラブルを起こし続けるといつか大変なことが起きるかもしれない。はやし立てるから騒動を起こすわけなので、周りも面白がっているのは良くないという意見もあります。


好き派の意見としては、曲に内容がないけどノリが良くて楽しい、学歴もなく家庭環境も良くなかった彼がラップとSNSでのし上がったのは現代社会における革命に近い、といったような意見があります。

それこそアルバム「Harvard Dropout」は、見方によっては反体制的でもあり、かつてのパンクやロックがそうであった頃を彷彿とさせる、という意見もあるようです。

リルパンプのアルバム

Lil Pumpはこれまでに2枚のアルバムをリリースしています。どちらも彼の公式サウンドクラウド(Sound Cloud)で公開されており、無料で視聴できます。

1stアルバム「Lil Pump」

かの有名な「Gucci Gang」が収録された、リルパンプの1stアルバムです。

2ndアルバム「Harverd Dropout」

最新の2ndアルバム「Harverd Dropout」には、ESSKEETITやBe Like Beが収録されています。ハーバード大学を中退というタイトルですが、もちろん本人がハーバード大学にいた事実はありません。

リルパンプのおすすめ曲5選

リルパンプの人気曲の中でも特におすすめをピックアップして紹介します。どれもミュージックビデオがありYouTubeで公開されています。

Be Like Me

▲ 有名なラッパー「リルウェイン」とフィーチャリングして作られたBe Like Me。たくさんのリルパンプが出てくる。

ESSKEETIT

▲ Let's Get Itをリルパンプと仲間がふざけてEsskeetitと発音していて、それをネタ元にした作品。

Gucci Gang

▲ リルパンプの出世作。ただひたすらにGucci Gangと繰り返すだけだが人気で、youtubeのミュージックビデオ再生回数は9億回を超える。

Boss

▲ ド派手はミュージックビデオはおもわず吹いてしまうくらい。

I Love It

▲ あのカニエ・ウエストとも作品を制作しているのだ。

【総括】お騒がせラッパー、リルパンプ

実は記事上部にあるリルパンプの顔写真は彼が逮捕されたときのもの。マグショットと呼ばれるやつです。

2018年2月には銃を発砲したことで逮捕(一応、3名の男がリルパンプの家に入ってこようとしたからとされている)。

2018年8月には無免許運転で逮捕。

2018年12月にはデンマークでのライブ後に、デンマーク警察に逮捕。今後2年間はデンマークに入国出来ないことに。

再び2018年12月には出国前にドラッグを荷物に積んでいるのではと疑われ、その際に怒声を挙げて抵抗したため逮捕されています。


彼の楽曲制作と成功は、確かにかつての反体制的な音楽を思い出させますが、トラブルは避けてほしいものですね。

合わせて読みたい記事はこちら

人気
カテゴリー
人気の記事

昨日の人気の記事

関連記事