【最新版】高い声・かわいい声が個性的な芸能人とエピソード【9選】

声が高い、声がかわいいと評判の芸能人をエピソードと合わせて紹介。新たなエピソードなどが見つかり次第、随時更新していきます。

金田朋子

声優として活動しつつ、現在はテレビタレントとしても活躍する金田朋子さん。子供のような特徴的な声で、それを活かしてアニメの声優を多く務めています。声を務めた作品で特に有名なのは「おしりかじり虫」でしょうか。

建築系の大学を卒業後、ブルボンや高島屋に勤めるOLだった金田さんは、姉に声優の養成所に通うことを提案され、OL業務を続けながら声優養成所の夜間部に通いました。


仕事とレッスンの両立を図るために転職もしつつ、無事オーディションなどを経て声優デビューしており、単に声だけで仕事を取っているわけではない努力家としても有名です。

クロちゃん

スキンヘッドに口ひげとあごひげ、さらにプロレスラーのような大柄な体格から外見は怖いのに、「声変わりしていないのでは?」と思わせるほど声が高い安田大サーカスのクロちゃん。

ソプラノボイス、甲高い声などと例えられます。声変わりはあったけど、そこまで低くならなかったとのこと。


他の芸人さんとのノリで低い声を出すこともあります。本当はそれが地声では?という噂もありますが、テレビ番組出演中ずっと裏声だとすればそのプロ意識はすごいです。真相は闇の中ですが...。


最近は私生活のクズっぷりが話題となり、様々なテレビ番組に引っ張りだこです。

山田菜々【NMB48】

元NMB48で現在はタレントとして活動する山田菜々さん。自他ともに認める個性的な声の持ち主。

その声は非常に可愛らしい、幼い印象を与えるもので、自身がブログで「20歳なのに9歳の妹と間違えられる」と認めるほどです。あまりにも特徴的なので、「わざとやっているのでは?」と疑われることも多いそう。

その声も活かして、2017年から「王様のブランチ」でリポーターも務めています。

清水よし子【芸人】

お笑いコンビ「ピンクの電話」での活動が最も有名で、現在はそれぞれが単独で番組などに出演することが多い清水よし子さん。

非常に甲高いキーキー声がウリです。大屋政子さんや林家パー子さんと並んで、甲高い声を持つ女性有名人の代表的存在と言ってもよいでしょう。

芹那【元SDN48】

元SDN48、アイドルグループを卒業後はタレントとして活動している芹那さん。

その声はかなり特徴的で、女性の中には「地声とは別に使い分けているのでは?」とかなり否定的で辛辣な意見もある、残念ながら声が嫌いな女性芸能人として挙げられることも多いです。


世の中の人たちは有名人に対して常に文句を言いたがっているので、そのような声に負けずに、楽しく活動を続けてほしいですね。

YOU【タレント】

モデルや歌手としての活動を経て、現在は主にテレビタレントとして活動するYouさん。とはいえ、現在も役者や歌手としても仕事をこなしており、マルチな才能を発揮しています。

その声は少しハスキーで、話し方もあいまって可愛らしいと評判です。番組「テラスハウス」で驚いたときなどに大きな声を上げたときは甲高い感じの声でした。


声も含めた独特の雰囲気は、特に女性からの支持が厚いです。

哀川翔【俳優】

俳優の哀川翔さんは、そのいかつく男らしい風貌とは裏腹に、意外と声が甲高いことで知られています。

テレビではサングラスにスーツという恰好で現れることが多く、パッと見「怖い」その見た目と高い声のギャップから、かわいいと反応してしまう方も多いです。

特徴的な声なので、よく芸人さんが哀川翔さんのモノマネをしていますよね。

小西真奈美

モデルとして芸能活動を開始し、現在は主に女優として活動する小西真奈美さん。

その声は、独特のささやくような可愛らしいものです。容姿とも相まって、小西さんにしか出せない雰囲気をまとっていますよね。


その声を活かして歌手としての活動も行っています。2018年にはミュージシャンのKREVAプロデュース、小西さん自身が作詞作曲を行ったアルバムをリリース。ラップ要素もある楽曲を披露しています。

さかなクン

魚の生態などに関する豊富な知識を活かして、テレビや教育機関で活躍するさかなクン。

「ギョギョ~!」という本人の持ちギャグ?を聴いて分かる通り、かなりのハイトーンボイス。その甲高く通りやすい声を活かして、熱意と興奮をもって水生生物の面白い話をテレビ視聴者や生徒に届けています。


ネットではその声に対してひどい言葉を投げかける人も多く、それを目にして本人は受け止めつつもかなり悩んだこともあったそう。

【まとめ】かわいい声が特徴的な有名人

合わせて読みたい記事はこちら

関連記事
人気
カテゴリー
人気の記事

昨日の人気の記事

関連記事